犬と人との歴史を知ることができる本|犬たちの明治維新‐ポチの誕生

犬たちの明治維新

犬たちの明治維新‐ポチの誕生」少しでも犬の歴史人と犬との歴史を知りたくて、手に取った本。

家族の一員として、重要な存在になっている犬。今現在の犬と人との関わりからは想像できない犬の姿がありました。

犬のお話だけでなく、吉田松陰、西郷隆盛など歴史のエピソードがたくさん盛り込まれているので歴史好きさんにもおすすめの1冊です!

 

明治以前は、里犬・町犬がほとんどで飼犬という言葉さえなかった。

柴犬

はじめにー犬に値段がなかったころ」の前置きには、こう書かれています。

明治維新以前は、各家に所有されるのではなく、犬の多くは「里犬」「町犬」として村の人とともに暮らしていました。村に不審者が来れば吠え、村の子供の遊び相手となり、村の共同体の一員としてその存在が認められていました。

なので「飼い犬」「飼い主」という語が明治以前にはなかったそうです。

明治維新を期に「飼い主」を定めることとなり、飼い主の住所・氏名を書いた名札をつけていない犬は野犬として撲殺されることになりました。。

村の一部だった犬は、明治維新にて『個人が所有する犬』となりました。

前書きから、ぐっと引き込まれます。犬も”現在の地域猫”のような存在だったんですね。個人が犬を飼うというのはごく最近のことだったのですね。

明治維新、犬たちにとっても激動の時代だった。

犬‐狆
ペリー来航から明治維新、そして文明開化。人にとっても激動の時代でしたが、日本の犬にとっても激動の時代だったと知りました。

この本でわかったこと

  • 明治維新から太平洋戦争の流れの中で犬がどう扱われてきたのか?
  • 明治以前、犬は個の所有物ではなく、村の犬として人とともに暮らしていた。
  • 吉田松陰の密航を阻んだのは、犬たちがかかわっていた!
  • 狆(ちん)がペリーに贈られて、アメリカに渡り日本犬ブームが起こった。
  • 「犬も歩けば棒に当たる」本来の意味とは違っていた。
  • 明治初め、洋犬は「カメ」と呼ばれていた。勘違いがおもしろい!
  • 西郷どんが西南戦争に「犬連れ」で出陣した理由とは?
  • 犬の名は「ポチ」、猫は「タマ」。「ポチ」の語源は?
  • 戦時中、犬もまた供出の対象となった。

ペリーに狆が贈られていたなんて知らなかった!そして日本から使節団が派遣された時、ペリー邸でこの犬たちと再会を果たしたんだって!

スポンサーリンク

犬たちの明治維新 ポチの誕生

幕末の開国と明治維新は、犬たちにとっても激動の時代だった──
『犬の伊勢参り』(平凡社新書)で【新書大賞2014・第2位】の著者による傑作歴史ノンフィクション!

本書は、幕末明治期の史料に散らばった犬関連の記述を十数年がかりで拾い集め、それを時代の流れに即して体系的にまとめ、「犬たちにとっての明治維新」を明らかにした初めての本です。吉田松陰と犬、ペリーと犬、ハリスと犬、明治天皇と犬、西郷と犬など、これまで誰も試みたことのない「犬」という視点からまったく新しい幕末明治像を描いていきます。

目次情報

はじめに 犬に「値段」がなかったころ

第一章 犬たちの開国

  1. ペリー来航
    吉田松陰の密航未遂事件の陰に犬あり
    ジャパニーズ・ドッグ、海を渡る
    艦隊の乗組員が記したチンたちの足跡
    海外チン・クラブに見る「ペリーの犬」の謎
    幕府の遣米使節団、ペリーの犬と感激の対面
  2. ロシアのプチャーチンと川路聖謨
    川路、ロシアとの条約交渉で長崎へ
    「ロシアの桜は日本の犬桜にも及ばず」
    下田の犬に吠えられるロシア人
    東海・南海大地震とロシア艦沈没
  3. ハリス来日
    ヒュースケンの跡をつきまとう下田の犬
    ハリス、領事館で二匹のチンを飼う
    物知りハリスの「しっぽ調べ」
  4. 英国公使オールコックと愛犬トビー
    外国人初の富士登山
    トビー、熱海に死す
  5. 東禅寺襲撃事件を知らせた犬
    日本の「街犬」は見事な犬
    昼飯をもらった町犬の活躍

第二章 横浜開港

  1. 横浜・神奈川犬事情
    「横浜では犬も買えます」
    犬がじゃまするヘボンの散歩
    外国人を驚かせた「馬より速く走る馬丁」
    昼間から町に寝そべる犬たち
  2. 外国人居留地の犬問題
    犬殺しに罰金一五〇ドル
    居留地自治規則の第一条は野犬対策
    横浜大火で焼死した英書記官の犬
  3. チンを欲しがる外国人
    チンはキング・チャールズ・スパニエルに似ている
    英国軍に略奪されたペキニーズ
    いくつもあったチンの種類
    「狆」という字の謎
    狆はなぜ「チン」と読むのか
  4. 斬られる犬たち
    フォーチュン、「犬の刀傷」に憤る
    笑い話「生類憐みの令」
    伊藤博文暗殺目撃者の「犬斬り話」
    犬死の時代

第三章 犬たちの明治維新

  1. 天皇が自由に犬を飼い始めた時代
    「外国人は犬猫同然」と攘夷派に襲われたパークス
    新政府、イギリス王子を「狗吠え」で出迎え
    明治天皇、赤坂仮皇居の庭で犬を飼う
    君主のたしなみとして仮皇居で兎狩
    天皇の兎狩と西郷の死
    多摩での大規模な狩行幸
    現明治神宮にあった天皇の猟犬飼育場
    新宮殿の「表」の犬と「奥」の犬
    千年続いた「六畜の穢」の束縛からの解放
  2. 「カメ」の時代、始まる
    明治人はなぜ洋犬を「カメ」といったか
    「カメ」はなめる
    洋犬は文明開化のステイタス
    犬の入浴お断り
  3. 消える里犬
    「畜犬規則」の衝撃
    横浜、野犬撲殺に乗りだす
    明治七年、最後の犬の伊勢参り
    牧場開設のための野犬狩
    吉宗の猟犬輸入と狂犬病
    狂犬病治療の進展──森鴎外と栗本東明
    狂犬病予防のための野犬狩

第四章 西郷どんの犬

  1. 犬ざんまいの日々
    西南戦争、犬と出陣
    「犬連れ西郷」の目撃者談の数々
    犬に鰻飯を食わす西郷の「お勘定」逸話
    西郷をもてなした祇園の名妓「君竜」とは誰か
  2. 知行合一
    元庄内藩士が作った『南洲翁遺訓』
    西郷にとっての「知行合一」
    他人の「逸物の猟犬」を次々所望
    江藤新平、突然の来訪
  3. 犬連れの西南戦争
    政府による「西郷暗殺計画」の真相
    官位剥奪の使者と一緒に兎狩
    宮崎の少年の案内で兎狩
    犬連れ撤退
    陸軍大将の軍服を焼き、犬を放す
    なぜ戦地に犬を連れて行ったか
  4. 西郷隆盛像の犬
    西郷像の図案決め
    西郷像は似ているか、似ていないか
    犬のモデルの真実

第五章 ポチの誕生

  1. 明治時代の犬の名前
    犬の名も「カメ」にふさわしい名前に
    犬の名前、人気ランキング
    文豪たちの犬愛
    明治の世は、どこもかしこもポチだらけ
  2. ポチと教科書
    『読書(よみかき)入門』──「ポチハ、スナホナ イヌナリ」
    幼年唱歌「花咲爺」──「うらのはたけで、ぽちがなく」
    犬はポチ、猫はタマ
  3. ポチはなぜポチというのか
    ポチの語源の諸説
    ポチ、英米仏語由来説
    ポチ、patch(パッチ)説
    ポチの語源を示唆する「横浜版ピジン・イングリッシュ」

終章 薩摩の犬のその後

薩摩の犬を求めて甑島(こしきじま)へ
椋鳩十『マヤの一生』と犬の供出
犬が根こそぎ供出された鹿児島

著者:仁科邦男

1948 年東京生まれ。70 年、早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞社入社。下関支局、西部本社報道部、『サンデー毎日』編集部、社会部、生活家庭部、運動部、地方部などを経て2001 年、出版局長。05 年から11 年まで毎日映画社社長を務める。名もない犬たちが日本人の生活とどのように関わり、その生態がどのように変化してきたか、文献史料をもとに研究を続ける。07 年より会員誌『動物文学』( 動物文学会発行) に「犬の日本史」を連載中。著書に『犬の伊勢参り』(平凡社新書)がある。